艦これ-とある提督のつぶやき-

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

E3を周回してみる3

2013.12.30 (Mon)
2013-12-29_231349.png

今更ですが上の表はボスでのドロップのみを記載しています。
今日はこの他に道中で陸奥、長波を2人、伊19を3人ドロップしました。
なんというか物欲センサーが大分仕事している気がします。
ドロップ率がわからないので何とも言えませんが、瑞鶴が来る前に三隈2人目が出るとは思っていませんでした。
大型艦建造で建造が可能になったということでそこまで絞られていないのかもしれませんね。

編成を変更したのは38回目からですが、安定感が大分増しました。
参考になるかはわかりませんが一応装備を記載しておきます。

戦艦:46cm三連装砲2、14号対空電探、32号対水上電探
雷巡:10cm連装高角砲、15.5cm三連装副砲、甲標的
加賀:彗星一二型甲、烈風2、彩雲

戦艦の装備はテンプレですね。
加賀さんは上記の装備でヲ級flagship対して制空権確保まで持っていけるのでこれで安定かな?
雷巡の装備に関しては少し変更する可能性があります。
というのも艦隊の対空値によってコンゴウやナガラの超重力砲攻撃によるダメージを軽減できるのではないかという説が浮上しているためです。
赤城と榛名を比較すると対空値にさほど差はないのですが、装備(46cm三連装砲と14号対空電探)による艦隊防空効果によって艦隊全体の対空値としては大分差が生じます。
そして実際、私も編成を変えてから超重力砲攻撃によって受けるダメージが減少した印象がありました。
なので雷巡の装備を10cm連装高角砲2にすれば更に事故率を下げれるかもしれません。
しかしあくまでも"体感"であり、確証がないのが困りものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。